脱毛の施術間隔って、なんで空けないのいけないの??

お店で脱毛をしてもらう時には施術間隔を空けなければいけませんよね。
例えば一回施術をしてもらったら次回は2週間から一ヶ月後だったりしますし、それゆえになかなか脱毛を完了させることができません。
もっと一気にやってくれれば良いのに、と感じる方もいると思われますが、施術間隔を空けるのにはきちんとした理由があります。

理由としてまず毛周期があるからです。
これは成長期と退行期、休止期からなる毛の成長サイクルのことです。どの毛も一定のサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しているのですが、成長しているタイミングが成長期に当たります。

そして施術は成長期の時に行わないと効き目が弱くなると言われているのです。
成長期の場合は毛根が根付いている状態ですので施術をすることで効率的にダメージを与えていくことができるのですが、
退行期や休止期の場合ですと毛根が離れていますので施術をしても効き目が低くなってしまいます。
その為、上手く脱毛をしていく為には成長期に入るのを待つ必要がありますし、それゆえに施術間隔を空ける必要があるのです。

もう一つ理由がありますが、それは肌を休める必要があるからです。
施術をすることによって少なからず肌には負担を掛けていますが、肌が弱っている状態で施術を繰り返してしまうのは良くありません。
無理に施術を繰り返すと肌トラブルが発生し易くなりますので、安全の為にも一定期間を空けながら施術を行っていく必要があります。

施術間隔を空ける理由にはこういったことが挙げられますが、きちんと意味があり間隔を取って脱毛をしていくのです。
ですから完了までにはある程度の時間が掛かるのは仕方ないですし、効率的に脱毛をする為の間隔であるということを覚えておきましょう。

おしりの脱毛・・・敏感なところの脱毛は痛い?痛くない?教えます♪

おしりの毛はあまり好まれる存在ではありません。
ですから女性の場合はもちろん、毛深くなり易い男性の場合も要注意です。
キレイなおしりになる為にも脱毛をしておくことが大事なのですが、痛みがちょっと心配という方もいることでしょう。

脱毛をする時には痛みがあるのかどうかというと、これは痛いと思っておいた方が良いと言えます。
基本的にデリケートゾーンは全体的に刺激に強くありませんのでお手入れをする時にも刺激がありますし、特に肛門付近は敏感ですから刺激を感じてしまう可能性が高いです。

敏感な場所ということもあり脱毛に不安を感じるかもしれませんが、ですが優しくお手入れをする方法もあります。

その方法として麻酔を使える医療機関を利用することです。
医療機関の場合ですと麻酔によって局所的に感覚を鈍くしてから施術を行うことができますので、敏感なおしりでもある程度は刺激を弱くすることができるはずです。

そして施術として医療レーザーを受けられるのも医療機関を利用する利点です。
医療レーザーは現在の主流でもある施術なのですが、強力な施術な為に永久的に脱毛効果が持続するという良さがあります。
殆どの毛が再生することがない為、その内にまた施術をしなければいけないということもありません。その為、効果的なお手入れをする為にも一考してみると良いでしょう。

ただし、おしりの場合は色素沈着をしていることがありますし、医療レーザーは黒い色素に反応する為、色素沈着がある部分には施術が難しくなることもあります。
そのような時にはニードル脱毛で対応できます。
医療レーザーよりも痛みがありますので若干苦労するかもしれませんが、ですが効果は医療レーザー以上であり効果的なお手入れが可能です。

ニードル脱毛って生理中でも大丈夫?あなたの気になるを教えます♪

ニードル脱毛を行う際に適さない日があります。
妊娠中や授乳中はもちろんですが、生理の日は肌が敏感になっているためおすすめではありません。
これは女性の体が女性ホルモンの分泌により変化することにあります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つに大きく分けることができます。エストロゲンは女性らしい身体をつくったり、肌や骨を上部にしたり、髪の毛を艶やかにしてくれます。

一方でプロゲステロンは生理のサイクルをコントロールしたり、妊娠の準備を行うのです。この二つのホルモンの分泌は活発になるのが同時期ではありません。
エストロゲンの分泌は生理の開始から排卵までが活発になります。そしてプロゲステロンの分泌は排卵から生理前までが活発になるのです。

肌にどんな影響を及ぼすかを考えると、エストロゲンの分泌が最も良くなる排卵前が一番肌の状態がいい時です。逆に肌のバリア機能が最も落ちる時はプロゲステロンの分泌が盛んな生理前となります。

これをニードル脱毛を行う際に当てはめると、脱毛を行うのに一番最適な時期は排卵前といえます。そして最も避けた方が良い日は生理前です。
生理中も避けた方が肌への負担を回避できます。

特にニードル脱毛は、他の脱毛に比べて毛穴に直接刺すので生理中でない時でも痛みを感じることがあります。
なので生理中となると痛みが増すことが考えられます。
ニードル脱毛を行うサロンによっては関係なく処理を行うところもありますが、やめた方がいいと勧めてくれる所もあります。

自分自身の身体のことですから、最終的に決めるのは自分自身となります。身体と相談して自分の体質を知った上で施術を受ける必要があります。

ただし、V・I・O脱毛に関しては生理中は出血があるので衛生上の面から控えた方が無難ですし、サロンでも処理を行わないところがほとんどなので注意が必要です。

ニードル脱毛をしたあとの毛穴ってどうなるの?黒ズミはのこらない?

ニードル脱毛は、永久脱毛法の中でも完璧な効果が得られるタイプのものです。
毛穴一つ一つに特殊な針を刺し込み、微弱な電流を流して毛母細胞を破壊していきます。とても効果が高いので、
施術を受けた後の満足度はかなり高いといわれています。

ニードル脱毛を行った後、気になるのは肌のコンディションです。
ムダ毛が抜けた後は毛穴が少し開いた状態になっていますが、
時間の経過と共に徐々に閉じていきます。毛母細胞は役目を終えているので、自然に閉じていくのです。
最終的には毛穴がしっかりと閉じてキメの細かな状態になっていますので、美肌作りにも最適です。

施術後に電気によるダメージにより毛穴が開きっぱなしになってしまうのではないかと心配する人もいるようですが、ニードル脱毛を行った後は逆に閉じていきますので問題ありません。

少し閉じるスピードが遅いと感じる場合には、収れん化粧水のような肌を引き締めてくれる化粧品を使うのも効果的です。
よく冷やした収れん化粧水をお風呂上がりにたっぷりとすりこむことで、閉じるのを早めることができます。

また、この手の施術では黒ずみや色素沈着を心配する声もよく聞かれます。
しかし、ニードル脱毛では毛根にある毛母細胞にダメージを与えるだけで周辺の皮膚にダメージを与えることはありませんので、
それほど心配する必要はありません。

ただし、スキルの低いスタッフによって施術が行われた場合には多少肌トラブルのリスクが高くなりますので、
きちんとした技術力のある施設を探すべきです。

たくさんの施術を手掛けていて、評判の良いところを探せば失敗せずに済みます。
ニードル脱毛後はキメが整い、保水力も高まります。その結果、潤いも出てきます。

ニードル脱毛は本当にむだ毛は消える?気になる!

ニードル脱毛は脱毛効果が高いと言われていることをご存知の方も多いかと思われますが、本当にむだ毛は消えるのでしょうか。
そしてどのようなメカニズムでむだ毛がなくなるのでしょう。

ニードル脱毛というのは美容電気針脱毛とも呼ばれているのですが、電気を用いた脱毛方法です。
施術の流れとしては毛穴に絶縁針を挿入し、電気を流すというものであり、その際の電気によって毛を成長させる役割がある毛乳頭細胞にダメージを与えることができます。
そして電気によって破壊された毛乳頭細胞は再生することがありませんので、それによってむだ毛が消えるという仕組みです。

根本から毛乳頭細胞を破壊してしまう施術ですので永久的な効果がある脱毛方法であり、その他の施術と比較してみても強力に脱毛ができるとされているのです。その為、しっかりとむだ毛を消したい方に適している施術ですし、検討してみるのも良いのではないでしょうか。

ただし永久脱毛といっても一生生えない訳ではありません。脱毛をすると生涯生えてくることがなさそうに思われるかもしれませんが、しかし毛には毛周期が存在しています。
そしてニードル脱毛は成長期の毛に対してのみ効果を発揮します。毛周期には退行期や休止期もあるのですが、こういったタイミングで脱毛をした場合ですときちんと毛乳頭細胞が破壊されておらず、再度生えてきてしまうことがあるのです。

つまりニードル脱毛は永久脱毛ではあるものの、完全脱毛な訳ではありません。確かに高い効果がある脱毛方法ではありますが、しかしながら生えてくる可能性があることも理解しておいた方が良いでしょう。
ただ、確実に脱毛ができれば高い効果がある施術には違いなく、おすすめの施術と言えます。

ブラジリアンワックスができない部位ってあるの?全身できる?できない?

クリニックのレーザー脱毛や、脱毛サロンの光脱毛では、照射することのできないパーツもあります。

粘膜の部分や、日焼けした肌の黒くなった箇所等です。光やレーザーは、黒い色に反応してしまうために、火傷をするかもしれないので、仕方のないことです。

人気のブラジリアンワックスで、脱毛ができない部位は特にはありません。粘膜の部分にも対応可能ですし、肌のほくろなどがあっても問題がありません。皮膚の黒い色も関係がないので、色の黒いタイプでも脱毛はできます。

色黒の肌は問題ないですが、日焼けした直後の、ダメージを受けた肌状態の場合は、肌が少し落ち着いてからになります。肌の表面にワックスをつけてのお手入れなので、色は問題ないですが、ダメージがあると様子を見ることになります。には使用できません。

ですがワックスにもたくさんの種類が登場しているので、敏感肌でも使用できるものも出てきています。

ブラジリアンワックスができない部位というのは、パーツというよりも状態はどうかということになります。お手入れできないのは、怪我をしてかさぶたになっていたり、腫れ物がでていたり、日焼けをした直後といった肌状態ということになります。基本的にはワックスは、顔からボディまで、全身の脱毛ができるお手入れ方法です。

ブラジリアンワックスはほかの脱毛施術とは異なり、ある程度のムダ毛の長さも必要となります。ですから、余りにも短い毛だと対処できないこともあるので、ある程度の長さは必要となります。レーザー脱毛や光脱毛みたいに、事前にムダ毛の自己処理をしてからサロンへ行く必要もありません。ブラジリアンワックスは全身お手入れ可能ですし、お手入れ前は自己処理も不要で気楽に受けることができます。

ブラジリアンワックスは本当に永久脱毛になるの?本当のところどうなの!?

どうせ脱毛をするのなら永久脱毛ができると嬉しいですよね。ではブラジリアンワックスは永久脱毛ができるのかどうかと言えば、残念ながらできません。

そもそも永久脱毛というのは医療機関しかできないことになっています。そして永久的な効果があるとされているのがレーザー脱毛とニードル脱毛のみであり、それ以外の脱毛方法では永久脱毛の効果はありません。

でもブラジリアンワックスを受けた方の中にはムダ毛が生え難くなったり、毛が目立ち難くなったという方もいますよね。このような効果を実感されている方がいると永久的な脱毛ができるのではないかと感じてしまいますが、しかしそれには理由があってそうした作用が発生しているのです。

まずブラジリアンワックスというのはワックス剤を塗って剥がす脱毛方法であり、毛抜きと違って毛根からすっぽりと抜き易いという特徴があります。
ですから深い部分から抜くことができるのですが、毛がなくなることで毛穴が引き締まり易くなります。それによって太い毛が生え難くなりますし、また深い部分から抜けますので毛もすぐに生えるようなことがなくなるのです。

そしてさらに何度もワックスで脱毛をすることで毛根も弱っていくと言われていますが、その作用によってもムダ毛が生え難くなります。
このような理由で細い毛になったり、ムダ毛を簡単には生えない状態にすることができますし、これがブラジリアンワックスの効果です。

ただし毛根は生きている状態ですので必ずまた生えてきてしまいますし、ムダ毛は気になり難くなるものの永久的な効果とはちょっと違っているのです。
ですからレーザー脱毛などと比較すると脱毛効果は低いのですが、それでもある程度は綺麗にすることができる脱毛方法と言えます。

レーザー脱毛って生理中でも大丈夫?あなたの気になるを教えます♪

レーザー脱毛は特殊なレーザーを肌に照射し、それを毛根に吸収させて破壊する方法です。
施術後は肌が火照るなどの症状が出やすいですが、適切なケアをすることで次第に治まってくるため心配はいりません。
しかし体調が万全でないときはこの限りではなく、人によっては肌トラブルが長引いたり酷くなったりする可能性もあるほか、
通常よりも痛みが強く出ることもあります。
そういった体調不良には、生理中も含まれるというのを知っているでしょうか。
生理中はホルモンのバランスが崩れやすい時期なので、少しの刺激にも敏感に反応してしまい肌トラブルが起きやすくなるのはもちろん、痛みも感じやすいです。
それゆえに、この期間中にレーザー脱毛を受けてしまうと、熱さや痛みに耐えられないということも起こりうるのです。

このような状態になるのを避けるためには、予約していた日と生理中が重なったら予約変更を行うのが安全策だと言えます。
とはいえ中には生理中でも施術可能な医療機関が存在していて、血液がもれないようにタンポンを使用してなら大丈夫な場合もあります。
また、デリケートゾーンの脱毛は無理だけど、その箇所から遠い部分ならばOKというところもあるので、
肌トラブルや痛みなどは関係ないという人は利用を考えてもよいでしょう。
しかしベッドに横たわっている間に漏れてしまうなど、予測していなかったことが起こり得るため、医療機関に迷惑をかけないよう、あるいは自分が恥ずかしい思いをしないよう、総合的に判断して生理のときは脱毛をしないというのが1番安心な方法です。

レーザー脱毛によって起きたトラブルに対し、施術してから後悔しないようにするためと、大切な体を守るために期間中は控えるのがベストだと言えるでしょう。

レーザー脱毛のデメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

レーザー脱毛は、出力が非常に高いレーザーを使用するため、万一のときに適切な処置を行うことができる医師がいる医療機関でしか受けることができない脱毛の施術です。
そのため、エステサロンで主に行われている光脱毛よりも高い脱毛効果を期待することができるということで人気が高まっています。
痛みが少なく、永久脱毛の効果を期待することができるレーザー脱毛には、デメリットはあるのでしょうか。

レーザー脱毛のデメリットとしては、まず、料金設定がやや高めという点があげられます。
効果が高い分、料金も光脱毛に比べるとやや高めに設定されているので、利用を検討している方は、
キャンペーンなどを利用するとお得な料金で施術を受けることができる場合があるので、キャンペーン情報などはこまめに確認しておくと良いでしょう。

レーザー脱毛は、出力が高いレーザーを使用するので、肌に刺激を感じることがあります。
肌が弱い方の中には、施術を受けると肌に炎症などが起こることがあるので注意が必要です。
肌に合うかどうか不安な方は、事前に体験を受けて問題がないかどうか確認をしたほうが良いでしょう。
VIOなど敏感な部分の施術を受けるときは、痛みを伴うことがあるので痛みが気になるという方も事前に体験を受けたほうが良いでしょう。

レーザーは黒い色に反応するという特徴があります。
そのため、顔の産毛など色が薄い毛に対しては反応が悪いという特徴があります。
産毛の処理には時間がかかる場合があるということを理解しておかなければいけません。
また、施術を受けている間に肌が黒く日焼けをしてしまうと施術を受けることが
できなくなってしまうというデメリットもあるので、施術を受けている間はいつも以上に日焼けには注意が必要です。

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、痛くないのはどっち?

人気の高い脱毛方法では医療機関で行われているレーザー脱毛、そして海外セレブらにも人気のブラジリアンワックスがあります。そして実際に施術を受けるならどちらを選ぶのが良いのかと悩んで入る人もあるのではないでしょうか。まず、それぞれの施術はまったく異なるものですので、その特徴を良く知っておく必要があります。

まずレーザー脱毛はあらかじめ処理したい部位の毛はシェーバーなどで剃っておき、毛根部分にレーザーを照射していきます。そしてブラジリアンワックスは脱毛したい部位にワックスを塗布し、その後一気に毛根から抜く方法です。

ここで気になるのはやはり痛みですが、それぞれ感じ方には違いがあるものの、毛根から抜く際にはやはりワックスは一瞬強い痛みを感じることも多くなっています。

そしてレーザー脱毛については、毛を抜くことなく、照射もほんの一瞬ですので、かなり痛みは抑えられています。とはいえ、まったく無痛というわけではなく、ゴムで弾かれたような痛さがあるともされています。

施術する部位や選ぶ機器によっても感じ方はかなり違ってきますので、施術を受ける際はそれぞれのクリニックの特徴はよく調べておきましょう。

レーザー脱毛も今はかなり優れた機器が登場しており、強力な冷却を行うなどでかなり痛さを抑えられるようになっています。そしてどうしても痛いのが苦手という人には麻酔クリームなどで対応してもらうこともできます。そして最初は毛の量が多いので、より痛く感じることもありますが、施術を繰り返すごとに毛が少なくなりますので、だんだんと痛みを感じにくくなるともされています。

痛いのが苦手という方はカウンセリングの際にはどれぐらい痛いのか、痛さを和らげる対処方法はどのように行われているのかはよく確認しておきましょう。