レーザー脱毛って生理中でも大丈夫?あなたの気になるを教えます♪

レーザー脱毛は特殊なレーザーを肌に照射し、それを毛根に吸収させて破壊する方法です。
施術後は肌が火照るなどの症状が出やすいですが、適切なケアをすることで次第に治まってくるため心配はいりません。
しかし体調が万全でないときはこの限りではなく、人によっては肌トラブルが長引いたり酷くなったりする可能性もあるほか、
通常よりも痛みが強く出ることもあります。
そういった体調不良には、生理中も含まれるというのを知っているでしょうか。
生理中はホルモンのバランスが崩れやすい時期なので、少しの刺激にも敏感に反応してしまい肌トラブルが起きやすくなるのはもちろん、痛みも感じやすいです。
それゆえに、この期間中にレーザー脱毛を受けてしまうと、熱さや痛みに耐えられないということも起こりうるのです。

このような状態になるのを避けるためには、予約していた日と生理中が重なったら予約変更を行うのが安全策だと言えます。
とはいえ中には生理中でも施術可能な医療機関が存在していて、血液がもれないようにタンポンを使用してなら大丈夫な場合もあります。
また、デリケートゾーンの脱毛は無理だけど、その箇所から遠い部分ならばOKというところもあるので、
肌トラブルや痛みなどは関係ないという人は利用を考えてもよいでしょう。
しかしベッドに横たわっている間に漏れてしまうなど、予測していなかったことが起こり得るため、医療機関に迷惑をかけないよう、あるいは自分が恥ずかしい思いをしないよう、総合的に判断して生理のときは脱毛をしないというのが1番安心な方法です。

レーザー脱毛によって起きたトラブルに対し、施術してから後悔しないようにするためと、大切な体を守るために期間中は控えるのがベストだと言えるでしょう。