ブラジリアンワックスができない部位ってあるの?全身できる?できない?

クリニックのレーザー脱毛や、脱毛サロンの光脱毛では、照射することのできないパーツもあります。

粘膜の部分や、日焼けした肌の黒くなった箇所等です。光やレーザーは、黒い色に反応してしまうために、火傷をするかもしれないので、仕方のないことです。

人気のブラジリアンワックスで、脱毛ができない部位は特にはありません。粘膜の部分にも対応可能ですし、肌のほくろなどがあっても問題がありません。皮膚の黒い色も関係がないので、色の黒いタイプでも脱毛はできます。

色黒の肌は問題ないですが、日焼けした直後の、ダメージを受けた肌状態の場合は、肌が少し落ち着いてからになります。肌の表面にワックスをつけてのお手入れなので、色は問題ないですが、ダメージがあると様子を見ることになります。には使用できません。

ですがワックスにもたくさんの種類が登場しているので、敏感肌でも使用できるものも出てきています。

ブラジリアンワックスができない部位というのは、パーツというよりも状態はどうかということになります。お手入れできないのは、怪我をしてかさぶたになっていたり、腫れ物がでていたり、日焼けをした直後といった肌状態ということになります。基本的にはワックスは、顔からボディまで、全身の脱毛ができるお手入れ方法です。

ブラジリアンワックスはほかの脱毛施術とは異なり、ある程度のムダ毛の長さも必要となります。ですから、余りにも短い毛だと対処できないこともあるので、ある程度の長さは必要となります。レーザー脱毛や光脱毛みたいに、事前にムダ毛の自己処理をしてからサロンへ行く必要もありません。ブラジリアンワックスは全身お手入れ可能ですし、お手入れ前は自己処理も不要で気楽に受けることができます。