ニードル脱毛は本当にむだ毛は消える?気になる!

ニードル脱毛は脱毛効果が高いと言われていることをご存知の方も多いかと思われますが、本当にむだ毛は消えるのでしょうか。
そしてどのようなメカニズムでむだ毛がなくなるのでしょう。

ニードル脱毛というのは美容電気針脱毛とも呼ばれているのですが、電気を用いた脱毛方法です。
施術の流れとしては毛穴に絶縁針を挿入し、電気を流すというものであり、その際の電気によって毛を成長させる役割がある毛乳頭細胞にダメージを与えることができます。
そして電気によって破壊された毛乳頭細胞は再生することがありませんので、それによってむだ毛が消えるという仕組みです。

根本から毛乳頭細胞を破壊してしまう施術ですので永久的な効果がある脱毛方法であり、その他の施術と比較してみても強力に脱毛ができるとされているのです。その為、しっかりとむだ毛を消したい方に適している施術ですし、検討してみるのも良いのではないでしょうか。

ただし永久脱毛といっても一生生えない訳ではありません。脱毛をすると生涯生えてくることがなさそうに思われるかもしれませんが、しかし毛には毛周期が存在しています。
そしてニードル脱毛は成長期の毛に対してのみ効果を発揮します。毛周期には退行期や休止期もあるのですが、こういったタイミングで脱毛をした場合ですときちんと毛乳頭細胞が破壊されておらず、再度生えてきてしまうことがあるのです。

つまりニードル脱毛は永久脱毛ではあるものの、完全脱毛な訳ではありません。確かに高い効果がある脱毛方法ではありますが、しかしながら生えてくる可能性があることも理解しておいた方が良いでしょう。
ただ、確実に脱毛ができれば高い効果がある施術には違いなく、おすすめの施術と言えます。