ニードル脱毛って生理中でも大丈夫?あなたの気になるを教えます♪

ニードル脱毛を行う際に適さない日があります。
妊娠中や授乳中はもちろんですが、生理の日は肌が敏感になっているためおすすめではありません。
これは女性の体が女性ホルモンの分泌により変化することにあります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つに大きく分けることができます。エストロゲンは女性らしい身体をつくったり、肌や骨を上部にしたり、髪の毛を艶やかにしてくれます。

一方でプロゲステロンは生理のサイクルをコントロールしたり、妊娠の準備を行うのです。この二つのホルモンの分泌は活発になるのが同時期ではありません。
エストロゲンの分泌は生理の開始から排卵までが活発になります。そしてプロゲステロンの分泌は排卵から生理前までが活発になるのです。

肌にどんな影響を及ぼすかを考えると、エストロゲンの分泌が最も良くなる排卵前が一番肌の状態がいい時です。逆に肌のバリア機能が最も落ちる時はプロゲステロンの分泌が盛んな生理前となります。

これをニードル脱毛を行う際に当てはめると、脱毛を行うのに一番最適な時期は排卵前といえます。そして最も避けた方が良い日は生理前です。
生理中も避けた方が肌への負担を回避できます。

特にニードル脱毛は、他の脱毛に比べて毛穴に直接刺すので生理中でない時でも痛みを感じることがあります。
なので生理中となると痛みが増すことが考えられます。
ニードル脱毛を行うサロンによっては関係なく処理を行うところもありますが、やめた方がいいと勧めてくれる所もあります。

自分自身の身体のことですから、最終的に決めるのは自分自身となります。身体と相談して自分の体質を知った上で施術を受ける必要があります。

ただし、V・I・O脱毛に関しては生理中は出血があるので衛生上の面から控えた方が無難ですし、サロンでも処理を行わないところがほとんどなので注意が必要です。