脱毛の施術間隔って、なんで空けないのいけないの??

お店で脱毛をしてもらう時には施術間隔を空けなければいけませんよね。
例えば一回施術をしてもらったら次回は2週間から一ヶ月後だったりしますし、それゆえになかなか脱毛を完了させることができません。
もっと一気にやってくれれば良いのに、と感じる方もいると思われますが、施術間隔を空けるのにはきちんとした理由があります。

理由としてまず毛周期があるからです。
これは成長期と退行期、休止期からなる毛の成長サイクルのことです。どの毛も一定のサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しているのですが、成長しているタイミングが成長期に当たります。

そして施術は成長期の時に行わないと効き目が弱くなると言われているのです。
成長期の場合は毛根が根付いている状態ですので施術をすることで効率的にダメージを与えていくことができるのですが、
退行期や休止期の場合ですと毛根が離れていますので施術をしても効き目が低くなってしまいます。
その為、上手く脱毛をしていく為には成長期に入るのを待つ必要がありますし、それゆえに施術間隔を空ける必要があるのです。

もう一つ理由がありますが、それは肌を休める必要があるからです。
施術をすることによって少なからず肌には負担を掛けていますが、肌が弱っている状態で施術を繰り返してしまうのは良くありません。
無理に施術を繰り返すと肌トラブルが発生し易くなりますので、安全の為にも一定期間を空けながら施術を行っていく必要があります。

施術間隔を空ける理由にはこういったことが挙げられますが、きちんと意味があり間隔を取って脱毛をしていくのです。
ですから完了までにはある程度の時間が掛かるのは仕方ないですし、効率的に脱毛をする為の間隔であるということを覚えておきましょう。