アーカイブ | 1月 2016

レーザー脱毛って生理中でも大丈夫?あなたの気になるを教えます♪

レーザー脱毛は特殊なレーザーを肌に照射し、それを毛根に吸収させて破壊する方法です。
施術後は肌が火照るなどの症状が出やすいですが、適切なケアをすることで次第に治まってくるため心配はいりません。
しかし体調が万全でないときはこの限りではなく、人によっては肌トラブルが長引いたり酷くなったりする可能性もあるほか、
通常よりも痛みが強く出ることもあります。
そういった体調不良には、生理中も含まれるというのを知っているでしょうか。
生理中はホルモンのバランスが崩れやすい時期なので、少しの刺激にも敏感に反応してしまい肌トラブルが起きやすくなるのはもちろん、痛みも感じやすいです。
それゆえに、この期間中にレーザー脱毛を受けてしまうと、熱さや痛みに耐えられないということも起こりうるのです。

このような状態になるのを避けるためには、予約していた日と生理中が重なったら予約変更を行うのが安全策だと言えます。
とはいえ中には生理中でも施術可能な医療機関が存在していて、血液がもれないようにタンポンを使用してなら大丈夫な場合もあります。
また、デリケートゾーンの脱毛は無理だけど、その箇所から遠い部分ならばOKというところもあるので、
肌トラブルや痛みなどは関係ないという人は利用を考えてもよいでしょう。
しかしベッドに横たわっている間に漏れてしまうなど、予測していなかったことが起こり得るため、医療機関に迷惑をかけないよう、あるいは自分が恥ずかしい思いをしないよう、総合的に判断して生理のときは脱毛をしないというのが1番安心な方法です。

レーザー脱毛によって起きたトラブルに対し、施術してから後悔しないようにするためと、大切な体を守るために期間中は控えるのがベストだと言えるでしょう。

レーザー脱毛のデメリットってどんなところ?気になっていること教えます♪

レーザー脱毛は、出力が非常に高いレーザーを使用するため、万一のときに適切な処置を行うことができる医師がいる医療機関でしか受けることができない脱毛の施術です。
そのため、エステサロンで主に行われている光脱毛よりも高い脱毛効果を期待することができるということで人気が高まっています。
痛みが少なく、永久脱毛の効果を期待することができるレーザー脱毛には、デメリットはあるのでしょうか。

レーザー脱毛のデメリットとしては、まず、料金設定がやや高めという点があげられます。
効果が高い分、料金も光脱毛に比べるとやや高めに設定されているので、利用を検討している方は、
キャンペーンなどを利用するとお得な料金で施術を受けることができる場合があるので、キャンペーン情報などはこまめに確認しておくと良いでしょう。

レーザー脱毛は、出力が高いレーザーを使用するので、肌に刺激を感じることがあります。
肌が弱い方の中には、施術を受けると肌に炎症などが起こることがあるので注意が必要です。
肌に合うかどうか不安な方は、事前に体験を受けて問題がないかどうか確認をしたほうが良いでしょう。
VIOなど敏感な部分の施術を受けるときは、痛みを伴うことがあるので痛みが気になるという方も事前に体験を受けたほうが良いでしょう。

レーザーは黒い色に反応するという特徴があります。
そのため、顔の産毛など色が薄い毛に対しては反応が悪いという特徴があります。
産毛の処理には時間がかかる場合があるということを理解しておかなければいけません。
また、施術を受けている間に肌が黒く日焼けをしてしまうと施術を受けることが
できなくなってしまうというデメリットもあるので、施術を受けている間はいつも以上に日焼けには注意が必要です。

参考:脱毛大阪 – 大阪でおすすめの脱毛サロン比較

レーザー脱毛とブラジリアンワックス、痛くないのはどっち?

人気の高い脱毛方法では医療機関で行われているレーザー脱毛、そして海外セレブらにも人気のブラジリアンワックスがあります。そして実際に施術を受けるならどちらを選ぶのが良いのかと悩んで入る人もあるのではないでしょうか。まず、それぞれの施術はまったく異なるものですので、その特徴を良く知っておく必要があります。

まずレーザー脱毛はあらかじめ処理したい部位の毛はシェーバーなどで剃っておき、毛根部分にレーザーを照射していきます。そしてブラジリアンワックスは脱毛したい部位にワックスを塗布し、その後一気に毛根から抜く方法です。

ここで気になるのはやはり痛みですが、それぞれ感じ方には違いがあるものの、毛根から抜く際にはやはりワックスは一瞬強い痛みを感じることも多くなっています。

そしてレーザー脱毛については、毛を抜くことなく、照射もほんの一瞬ですので、かなり痛みは抑えられています。とはいえ、まったく無痛というわけではなく、ゴムで弾かれたような痛さがあるともされています。

施術する部位や選ぶ機器によっても感じ方はかなり違ってきますので、施術を受ける際はそれぞれのクリニックの特徴はよく調べておきましょう。

レーザー脱毛も今はかなり優れた機器が登場しており、強力な冷却を行うなどでかなり痛さを抑えられるようになっています。そしてどうしても痛いのが苦手という人には麻酔クリームなどで対応してもらうこともできます。そして最初は毛の量が多いので、より痛く感じることもありますが、施術を繰り返すごとに毛が少なくなりますので、だんだんと痛みを感じにくくなるともされています。

痛いのが苦手という方はカウンセリングの際にはどれぐらい痛いのか、痛さを和らげる対処方法はどのように行われているのかはよく確認しておきましょう。

光脱毛って肌が強くないとできないの?肌が弱い人でもできるの?

肌の弱い方はこれまで毛の処理でかえって肌を傷めてしまったり、余計に敏感になってしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にも安心して毛の処理を行えるようになるのが、光脱毛です。
光脱毛はメラニン色素などの黒い物に反応するために強くない場所に使用しても傷めることなく脱毛を行うことができるのです。
黒いものに反応するのでほくろなどには反応してしまうので注意が必要ですが、サロンでは上手く隠して行ってくれるので問題はありません。
光脱毛を行った後に肌が強くない人もそうでない人も同様に行わなければならないのは「保湿」です。
これはどんな方にも共通していえることではありますが、特に弱い方は脱毛後の保湿が重要になります。
しっかり保湿をすることでその後の「荒れ」を防ぐことができます。「荒れ」を防ぐことさえできれば脱毛も難なく続けることができます。
自己処理として剃刀やシェーバーで毛を剃る行為を続けてダメージを与え続けることを考えれば安心安全な光脱毛で毛を無くすことを考える方が効率が良いと言えるでしょう。

ですが、どんなに言葉で説明されても実際にやってみなければわからないし不安が大きいと言う方も多いはずです。
そういった方は脱毛サロンを調べたり問い合わせをしてみることをお勧め致します。
その際にパッチテストなどを行えるかどうかなどを問い合わせてみるのも一つの手です。
特に女性は毛の処理をしなければ露出は控えめになり地味な格好を選んでしまう傾向にあります。
決して地味な格好が悪いわけではないのですが、女性であるからにはいつでもお洒落を楽しんで過ごした方がきっと毎日楽しく過ごせるはずです。
そのために肌が強くない方も光脱毛を試してみてはいかがでしょうか。

光脱毛って妊娠中でもできるの?あなたの不安、解消します!

脱毛がほどこされた肌はすべすべで、見るものに清楚な感じを印象づけられます。
一方、薄いながらも体毛が密集していれば、遠目からでも肌黒に見えてしまいます。
脱毛には、美肌へと変貌させる効果が備わっており、海外のセレブの間では身だしなみと捉えられている盛況ぶりです。

光脱毛は、エステサロンでも主流の脱毛施術になります。この施術の特徴には、ムダ毛を処理したい箇所に光をあてるだけで簡単仕様で、30代までの女性を中心に通院してしているとのことです。
光脱毛には、照射する光の面積が広いことから短時間で済ますことができ、オフィス帰りから通院できるスタイルが定着化されています。
これは、女性の社会進出にフィットしたサービスで、今後ますます脱毛に磨きをかける女性が増える様相を見せています。

さて、脱毛についての憧れを抱いてみたものの、現在妊娠中の場合は光脱毛をほどこすことができるでしょうか?
大切なお子さんを授かる身でもあるので、この質問は切実なものとして受け止めなければなりません。
質問についての回答ですが、やはり「妊娠中の女性は光脱毛の施術を受けることはできない」とのことです。

その理由とは、まず第一に妊娠時にホルモンバランスが乱れることが挙げられます。脱毛の施術は、毛周期と呼ばれるサイクルを通じて、毛が生えるタイミングを見計らって行われています。
よって、毛が生えるタイミングがホルモンの乱れによって狂い、脱毛の効果が得られないといった事態に陥ってしまいます。

もう一つの理由は、照射される光が胎児にどんな影響がでるのか分からない点です。妊婦を相手に臨床データを取る訳にもいかず、業界内では施術を差し控えるといった対応が取られているのが現状です。
脱毛の期間中に妊娠が発覚した場合に備えて、無期限で予約が取れるエステサロンを選ぶことが勧められます。